週刊文春 電子版

大学7年生 上白石萌音が学びたい「5大神話」

カムカム保存版 出演者・スタッフ20人が実名告白「日々取材し最終回に備えよ」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 物語から姿を消してなお、好きなキャラを問う読者アンケートで1位(70票)を飾った安子(2位のひなたは62票)。演じたのは、上白石萌音(24)だ。

最後まで目が離せない(写真 NHK公式HPより)

 安子の親友で「水田屋とうふ」の娘・水田きぬを演じた小野花梨(23)が語る。

「私も萌音ちゃん演じる安子が、めちゃめちゃ好きでした。萌音ちゃんは私より一つ年上ですが、同じ目線に立ってくれて。何でも聞けて何でも話せるような雰囲気をお持ちの方。現場では他愛もない話をたくさんしました。『ポテチ食べたらすぐ肌荒れするよね』とか、『ジムに通うのって続かないなあ』とか(笑)」

 ドラマでは見事な英語力も披露。安子と渡米する進駐軍のロバートを演じた村雨辰剛(33)が振り返る。

「すごく素敵な英語でした。発音もきれいで、アメリカ英語というよりは、ちょっとブリティッシュぽい知的な感じで。大変そうな素振りを一切見せず、本当にプロフェッショナルでした」

 その後は一視聴者として、物語を楽しんでいるようだ。安子編では、喫茶店「ディッパーマウス・ブルース」店主・柳沢定一の息子・健一、ひなた編では同じく定一のひ孫・慎一を演じた前野朋哉(36)が明かす。

「僕が慎一で出演した日にLINEで『めっちゃ笑いました。ウケました!』と連絡くれました(笑)」

 だが余裕があるわけではなく、現在は主演舞台「千と千尋の神隠し」の真っ最中。“稔さん”を演じた松村北斗も同作を鑑賞したという。前出の小野が続ける。

「共演してから萌音ちゃんの舞台は全部観に行っています。萌音ちゃんは千尋そのもので、本当に凄かった! ポスターが公開された時に『顔似すぎじゃない? 背丈やとろんとした目がアニメそっくり!』と連絡したら、『それは自分でも思う』と言っていました」

歌手としても活躍している(写真 NHK公式HPより)

 カムカムや千と千尋だけでなく、昨年は他にドラマ3本に出演。エッセイ本も出版し、紅白歌合戦には歌手として初出場を果たした。「今年が人生のピーク」と漏らすほど多忙を極める彼女は最近、

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月14日号

文春リークス
閉じる