週刊文春 電子版

兄弟子の引退に思う|杉本昌隆

師匠はつらいよ 第50回

杉本 昌隆
ライフ ライフスタイル

 本エッセーも今回で第50回。節目を迎えると特別な気分になるものだ。

 公式戦対局も、新人の時代があれば円熟期もあり、いつかは終焉に向かう。実は私、「引退」という言葉が怖くて嫌いだが、今回はそれがテーマである。

 特に年度末、他の業種の同世代と話すとこんな会話がちょくちょく出てきた。

「仕事早く辞めて趣味だけの生活送りたいなあ」

「退職後の資金がないから50代のアーリーリタイアなんて夢のまた夢だわ」

 そう、私も退職したら好きな将棋を1日中指すのが夢で……あれ?

 棋士という職業は趣味が高じて仕事になったようなもの。だから私は「仕事を辞めたい」という感覚が今一つ分からない。むしろ無報酬でも続けたいほどだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる