週刊文春 電子版

「年金繰り下げ」ケース別“賢者の選択”

「週刊文春」編集部
ライフ 社会 ライフスタイル

 4月から年金の繰り下げ受給年齢が引き上げられた。75歳まで我慢すれば受給額が1.84倍に!……だが待ってほしい。“得するか損するか”は、個々の事情によって変わってくるのだ。3人の識者が徹底指南する。

 

▶︎75歳繰り下げで得をするのは●歳以降
▶︎額面で計算は失敗の元、専業主婦なら…

 

年金制度、どこが変わった?

 3月から施行された新年金制度。目玉は、繰り下げ受給の年齢上限が従来の「70歳まで」から「75歳まで」に引き上げられたことだ。

 繰り下げ受給とは、受給を1カ月遅らせるごとに年金額が0.7%増える仕組み。年金は原則65歳から支給されるが、たとえば5年繰り下げれば、65歳で受け取る金額の1.42倍の年金を生涯もらえる。

 経済ジャーナリストの荻原博子氏が言う。

75歳まで繰り下げると、最大で65歳時点の1.84倍もらえることになります。年金が年額200万円の人は、70歳まで繰り下げると284万円、75歳までだと368万円となり、年168万円も違ってくる」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる