週刊文春 電子版

藤子不二雄Ⓐ 高給すぎてアシスタントが辞めなかった

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

『怪物くん』『忍者ハットリくん』『プロゴルファー猿』『笑ゥせぇるすまん』――。数々の傑作を遺し、漫画家、藤子不二雄Ⓐ(本名・安孫子素雄)氏が亡くなった。享年88。

 

「僕は寺で生まれたから、死は常に身近にあった。だから自分が死ぬ事は全然怖くないんです」

 2018年、小誌のインタビューで「老後と死」についてこう語っていた藤子氏。4月7日、神奈川県川崎市内の自宅で倒れているところを発見された。

 富山県氷見市で生まれ、その後転校した小学校で、後に漫画家コンビ「藤子不二雄」を結成する盟友、藤本弘(藤子・F・不二雄)氏と出会う。87年末にコンビ解消を発表したが、96年に藤本氏が亡くなるまで、川崎市内で三軒先に住む“隣人関係”が続いた。

不世出のコンビ。左は藤本氏

 プライベートでは和代夫人が85年に倒れ、現在も入院治療中。夫の死去は伝えられていないという。夫妻に子はおらず、晩年は姪が食事など身の回りの世話をしていた。藤子氏と長年交友があった出版社「ヒーローズ」代表の白井勝也氏が語る。

「彼は和代さんをとても大事にしていました。惚れ込んでいた。でも、その一方で女性が好き。僕らと酒席を共にしていても、綺麗な女性が隣にいたらどんどん声をかけるんです」

 デビュー間もない頃の宮沢りえもその一人だった。

「西麻布のお店でたまたま一緒になった時、先生はすぐに我々をほったらかしてりえちゃんの席に挨拶に行って長い時間帰ってこなかった(笑)。交友関係は広く、大橋巨泉さんや吉行淳之介さんとは呑み仲間でした。賑やかな雰囲気を愛していましたが、それは裏を返せば寂しがり屋だったということでしょう」(同前)

 藤子氏にはもうひとつの“家族”があった。日夜、創作を共にする「藤子スタジオ」のアシスタントたちだ。70年代にアシスタントを務めた、『まいっちんぐマチコ先生』などで知られる漫画家、えびはら武司氏(67)が振り返る。

「僕がアシスタントに採用されたのは高校を卒業するタイミングでした。10時から18時までという約束でしたが、実際はスタッフは昼頃来て、夜中まで仕事をしていた。そうすると残業代が出る。大卒初任給が約5万円の時代でしたが、僕らは残業代含めて月額10万円以上は頂いていました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月21日号

文春リークス
閉じる