週刊文春 電子版

「無難」は実は難しい!? 自分らしい服に近づく方法|霜鳥まき子

似合う服だけ着ていたい 第12回

霜鳥 まき子
ライフ ライフスタイル

「カジュアルスタイル」を作りたいときに真っ先に思い浮かぶのがボーダーとデニム。時期になると、カジュアルが苦手な方が子供の運動会用に慌ててその2つを買う様子をよく見かけます。でも皆さん、自分が本当に素敵に見えるボーダーのトップスとデニムを持っている自信、ありますか?

「無難」が市民権を得て、プチプラブランドで、そんなに主張がなくても何となくきれいに見えるものが買えたりする今、「これだ!」という核心に迫れなくてもとりあえず着る服には困らないようになりました。

 ただそのせいで、十数枚家にあるけれどどれも……みたいな事も多いのがボーダーとデニム。これらは確かに無難なアイテムではありますが、だからこそ見る目は厳しくなっていて、シルエットやサイズ感・質感をどなたでも比較的ジャッジできてしまいます。少し理想と違うだけでも「あれ?」となることが多いのです。

 では、素敵!と振り返りたくなるようなボーダー&デニムコーディネートの人は、どのように着ているのでしょう。首の刳(く)り・袖幅・丈・ボーダー幅・ボーダーの配色・素材感が自分と合っているかをきっと厳選していますし、それに合うバランスや色落ちのデニムを合わせているはずです。

 実は「無難」なアイテムこそ、自分に合っているかどうかの見極めが重要。そうでないと「無難」の範疇にも残れません。特にボーダー幅と配色は、何センチなのか、黒×白? ベージュ×白? はたまた白多め×紺? などで、似合う似合わないが大きく変わってきます。「厳選しての素敵」に辿りつくにはかなりの労力が必要なのですが、それに気づかず、とりあえずこれでいいかと家にあるボーダー&デニムを着て出かけると、本人もそれに慣れてしまい「不快感がないだけのコーディネート」が常態化していくのだと思います。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる