週刊文春 電子版

無料公開中

水原希子が告白 “性加害プロデューサー”の女優の太ももを触る行為でインティマシー・コーディネーター導入を決意

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

 芸能界における性加害についての想いを発信し、大きな反響を呼んだ女優の水原希子(31)。彼女が積極的に「インティマシー・コーディネーター」導入を訴える背景には、自らの苦い体験があったことが「週刊文春」のインタビューで初めて明かされた。

「インティマシー・コーディネーター」の導入

 水原は、昨年4月からネットフリックスで配信されている「彼女」に主演。漫画家・中村珍氏の「羣青」を廣木隆一監督が実写化した同作品をプロデュースしたのが、梅川治男氏(61)だった。

水原希子(事務所提供)

 梅川氏は園子温監督の「愛のむきだし」、「ヒミズ」などの作品に携わった有名プロデューサーだ。だが梅川氏は、女優たちに性的な要求を行い、時には局部の写真を送るよう強要していたとの被害女優の告発を、「週刊文春」(4月7日発売号)が報じていた。

ネットフリックスで昨春から配信されている「彼女」

 その梅川氏がプロデューサーをつとめた「彼女」は、水原が演じる同性愛者の永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵の愛憎と逃避行を描くロードムービーで、性的描写が多く含まれている。そこで導入されたのが「インティマシー・コーディネーター」だった。

梅川氏のセクハラのような行為を目撃

 同職は性的なシーンを撮影する際の、俳優と制作側の橋渡し役であると同時に、両者の潜在的な上下関係を絶つ役割を担う。#MeToo以降、本人の意志に背いた撮影の強要が問題視され、俳優の尊厳を守るために導入されたもので、ハリウッドではすでに一般的になっている。「彼女」で水原が自ら提案し、日本で初めて導入が実現した。

 今回、インタビューで初めて明かされたのは、水原が導入に向けて動き出すきっかけとなった、梅川氏のある言動だった。

梅川氏(日本映画テレビプロデューサー協会報より)

「撮影に入る前の食事会のときのことです。梅川氏がほかの出演女優の太ももに触れているのを目撃したのです。セクハラのような行為を目の当たりにして『この人は危険だ』と思いました。以前から、日本にもインティマシー・コーディネーターを導入すべきという思いは頭の片隅にはありましたが、この食事会の後、すぐにネットフリックス側に提案しました」

梅川氏が浅田氏を邪魔者扱い

 すると後日、梅川氏から「僕は下請け会社じゃない。直接やり取りをするのはやめてください」とのメールが送られてきた。だが水原の願いは制作側に受け入れられ、インティマシー・コーディネーターの浅田智穂氏が「彼女」の撮影現場に入ることとなった。

 しかし、制作関係者によれば、その後もトラブルがあったという。

「梅川氏が浅田氏を邪魔者扱いし、夜中に何度も『出しゃばらないでください』、『撮影をかき乱さないでください』などとメールを送り付けていた。浅田氏は精神的に参ってしまい、一時はネットフリックスに『作品を降りたい』と申し出たほどでしたが、引き留められ、何とか最後まで職務をまっとうしました」

梅川治男氏(自身のFacebookより)

 梅川氏に質問状を送付し、事実確認を求めたが、回答はなかった。

 4月20日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および、21日(木)発売の「週刊文春」では、撮影が始まる直前、突然水原にアンダーヘアの露出を要求しだした梅川氏とのやり取りの詳細や、水原から若手女優へのメッセージなどを報じている。

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる