週刊文春 電子版

水原希子が告白2時間「私は性加害プロデューサーにアンダーヘアを出すよう要求された」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能

 小誌が報じてきた芸能界の「性加害」。映画監督や俳優、プロデューサーからの被害を告発する女優たちに続き、ついにトップ女優も声をあげた。水原希子(31)が2時間にわたり、小誌の取材に答えた。初めて明かす敏腕プロデューサーからの不可解な要求とは。

水原希子(事務所提供)

 小誌は4月7日発売号で映画プロデューサーの梅川治男氏(61)が女優に局部を撮影した写真を送るよう強要していたことを、そのメールとともに報じた。梅川氏は園子温監督(60)の「右腕的存在」とされ、「愛のむきだし」「ヒミズ」など世界的に高い評価を受けた作品に携わってきた。

 その梅川氏がプロデュースしたのがネットフリックスで昨年4月から配信されている「彼女」だ。監督は廣木隆一氏。水原が主演で性的なシーンも多く含まれる作品だ。小誌が梅川氏の現場での言動について詳しく取材したうえで質問状を送ったことがきっかけとなり、水原は先週号に長文のコメントを寄せた(全文は「週刊文春 電子版」に掲載)。そして今回、初めてロングインタビューに応じた。まず「彼女」に出演した経緯をこう振り返る。

ネットフリックスで昨春から配信されている「彼女」

「知人から『この役、希子ちゃんに合うと思うんだけど』と紹介されました。原作(中村珍氏の漫画「羣青(ぐんじよう)」)にセクシャルなシーンがあるのは知っていて、映画にも性的描写が出てくるとは思っていました。ただ、今まで自分が表現したことのない領域を毎日模索していた中でいただいたオファーでしたし、チャレンジングな経験になると思って引き受けました」

 梅川氏のオフィスに行き、監督の廣木氏らを交えて顔合わせをした。梅川氏とはその時が初対面だったが、「口数が多くなく、ずっとにこやかに笑っている感じ」だったという。

梅川氏(日本映画テレビプロデューサー協会報より)

 だがその後、ある演出をめぐり、不信感を抱くようになる。

「撮影が始まる直前、梅川氏から性的なシーンでアンダーヘアを出すようにと要求されました。オファーの段階ではそうした説明はなく、出演が決まってから突然話を持ち出された。アンダーヘアを出すことが出演の条件になるのなら、最初からオファーは受けていませんでした」

 ヘアの露出を要求する梅川氏に対し、水原は拒否し続けた。

「多くの映画を見てきましたが、セクシャルなシーンでもヘアまで見えるものはほとんどありません。梅川氏は『アングルが規制されてしまい、監督の表現や伝えたいことを妨げてしまうから』と説明しました。でも、監督やカメラマンを交えた話し合いはなく、梅川氏一人が主張してきたんです。いくら説明を聞いても、この作品を作るうえでなぜアンダーヘアまで露出する必要があるのか、まったく理解できませんでした」

 それでもヘアの露出を要求し続ける梅川氏。しまいには、拒み続ける水原にこう提案してきた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年4月28日号

文春リークス
閉じる