週刊文春 電子版

“プーチンの戦争”の最大の教訓|池上 彰×ルトガー・ブレグマン

池上彰のそこからですか!? GWスペシャル対談

池上 彰
ニュース 社会 国際

 人間の本質は善である。だからこそ人類は危機を乗り越えてきた――。そう論じた本が世界中でベストセラーとなっている、歴史家のブレグマン氏。ロシアのウクライナ侵攻、そして人類の歴史と未来を池上彰と語り尽くす。

 

池上 “欧州発の新たな知性”と称されるブレグマンさんの著書『Humankind 希望の歴史』は、母国オランダで25万部のベストセラーとなり、世界46カ国で翻訳されたと聞いています。日本でもよく読まれていますよ。

ブレグマン コロナ禍に出版されましたから、希望を見出したい人々の気持ちも作用したんでしょう。

ブレグマン氏と著書『Humankind 希望の歴史』上下(小社刊)

池上 「人間は善良なのか邪悪なのか」という普遍的な問いが本書のテーマです。

ブレグマン 「ほとんどの人は本質的にかなり善良だ」というのが、私の結論です。人間性についての肯定的な見方が正しいことを裏付けるために、数々の科学的な証拠を提供しました。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる