週刊文春 電子版

小林麻耶 VS. 実母 全内幕

母とTVに出演し「ママの娘に生まれて幸せです」と語っていた麻耶。それから2年、なぜ母を激しく攻撃するのか。本誌だけが知る相克。

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能

 2020年春、母娘はバラエティ番組「愛情!マザーSHOW」(フジ系)の企画で、東京・恵比寿の高級フレンチを訪れていた。娘の就職祝いに行った特別な店。思い出話に花を咲かせると、娘は涙ながらに感謝の手紙を読み上げた。

〈ママ、私を産んでくれて、愛情いっぱい育ててくれて、ありがとう。私は、ママの娘に生まれて幸せです〉

 それから2年――。

〈文春のインタビューに怒りで手が震えます〉

 小誌先週号が発売された4月21日、そうブログで綴った小林麻耶(42)。市川海老蔵(44)への130分間に及ぶ直撃取材のことだ。海老蔵は、麻耶と夫・國光吟(あきら)氏(38)への謝罪現場や女性問題への反論、家族への想いなどを明かしていた。

 だが、麻耶は和解を拒み続ける。それどころか、海老蔵の長女・麗禾(れいか)ちゃんと長男・勸玄(かんげん)君の育児を手伝う実母・A子さんへの批判を加速させていった。

麻耶はブログで再三、実母を批判

〈母に愛されたいと一生懸命頑張りましたが結局、愛されませんでした〉

 かつて〈ママの娘に生まれて幸せです〉と語った麻耶はなぜ、70歳近いA子さんを激しく攻撃するようになったのか。

母娘で共演していた(「愛情!マザーSHOW」より)

 1979年、麻耶は新潟県小千谷市で生を受けた。この時、A子さんは25歳。40時間近くに及ぶ難産だったという。3年後には妹の麻央が生まれた。

「嫁いでしまえば小林姓ではなくなる。せめて『林』だけでも残ってほしい」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月5日・12日号

文春リークス
閉じる