週刊文春 電子版

無料公開中

〈死ぬことばかり考えて仕事してる〉「くら寿司」店長が自殺直前に仕事の苦しみをツイートしていた

スクープ速報

「週刊文春」編集部
ビジネス 社会 企業 働き方

 山梨県甲府市にある大手寿司チェーン「無添くら寿司」で店長を務めていた中村良介さん(仮名・享年39)が店の駐車場に停めた車に火を放って自ら命を絶ったのは4月1日のこと。中村さんが亡くなる直前までTwitterを更新し、仕事の苦しみを綴っていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

コロナ禍でも業績は絶好調

 くら寿司は東証プライムに上場する寿司チェーンの最大手企業。「創業者の田中邦彦氏が社長を務める典型的な同族経営企業」(経済誌記者)で、2021年10月期(連結)の売上高は1476億円とコロナ禍でも業績は絶好調だ。

 そんな中で起こった衝撃的な事件。小誌は4月21日発売号で中村さんが自殺した背景に上司のスーパーバイザー(SV)・X氏のパワハラがあったことを報じた。だが、くら寿司本社は取材に対し、中村さんの死の理由について〈個人的な事情によるものであることが推定されております〉と回答。業務との関連を否定していた。

 これに異議を唱えるのが、中村さんの実姉である。小誌の取材に応じた姉は、「弟は仕事に苦しんでいた」と明かす。

「弟の部屋に遺されていたパソコンを持ち帰ったのです。開くと、ツイッターに自動ログインできた。非公開の鍵アカウントに、弟が仕事に苦しんでいる様子が綴られていたのです」

 ツイートを確認すると、そこには仕事への苦悩や絶望など中村さんの“心の叫び”が赤裸々に綴られていた。投稿は、亡くなる当日まで続いていた。

〈明日を生きる気力がない〉〈皆さんさようなら〉

〈死ぬことばかり考えて仕事してる〉(3月30日)

〈仕事のことを考えると吐き気がして胸が痛くなるまでになった〉(3月31日)

中村さんのツイートには、苦しみが綴られていた
〈仕事のことを考えると吐き気が〉とのツイートも

 そして、4月1日未明。中村さんは〈明日を生きる気力がない〉などと投稿した後、こうツイートした。

〈皆さんさようなら〉

〈さようなら〉のツイートを最後に…

 ツイートはここで途絶えている。その数時間後、「無添くら寿司」の駐車場で、中村さんの車から火の手が上がった――。くら寿司本社に、中村さんが〈死ぬことばかり考えて仕事してる〉とツイートしていた事実を伝えた上で、再度、死の理由についての見解を尋ねたところ、〈前回ご回答させていただいた内容のとおりです〉と回答し、前回の〈個人的な事情によるものであることが推定されております〉との見解を変えなかった。

くら寿司の駐車場には焼けた中村さんの車が

 中村さんの姉が涙ながらに語る。

「両親は『良介のことをもっと気にかけてあげていたら』と憔悴しています」

 だが、遺族の苦しみはこれで終わらなかった。姉はこう語る。

「くら寿司の社員にはもう電話をかけてきてほしくないし、顔も見たくない。二度と実家に来ないでほしいと思っています」

 一体、何があったのか。4月27日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および4月28日(木)発売の「週刊文春」では、生前の中村さんが書き残したツイートの詳しい内容、遺族を怒りで絶句させたというくら寿司社員の言葉、そして遺族“恫喝”の一部始終などを詳報している。

source : 週刊文春 2022年5月5・12日号

文春リークス
閉じる