週刊文春 電子版

グタグタな展開のなかで歌う萌歌が美しい

テレビ健康診断

亀和田 武
エンタメ テレビ・ラジオ

 なんだか、モヤモヤするねえ、朝ドラ『ちむどんどん』。沖縄の本土復帰五十周年にあわせた企画なんだけど、どこか緩いんだよ。

 主人公の比嘉暢子(ひがのぶこ/黒島結菜)は、沖縄北部、山原(やんばる)の村に住む元気な少女だ。姉の良子(川口春奈)は勉強が出来て、しっかり者。妹の歌子(上白石萌歌)は内気だけど歌が上手。すごいね、美少女三姉妹だ。

 復帰前年の一九七一年に暢子は高校三年生。卒業後に何をするか悩んでいる。「東京に行って、美味しいものが食べたい!」が小さいときからの口癖だ。

 北部産業まつりの高校料理部大会で見事に優勝し、心は決まった。「東京に行きたい。コックさんになる!」。東京への憧れと、食いしん坊だけじゃ、モチベーションが薄くないか。

 早くに父を亡くした比嘉家には、三姉妹の上に長男の賢秀(けんしゅう/竜星涼)がいる。仕事もせずに、酒と喧嘩に明け暮れる困った奴だ。優しい母(仲間由紀恵)は、それでも怒らない。「お母ちゃんは、ニーニーに甘いね」と良子は呆れる。

 この困った兄のせいで、一度は決った暢子の就職もチャラになる。それでも反省せずに「腹が減ったァ」だから、まるでフーテンの寅さんの十番煎じだ。兄が悪いというより、ドラマの構成が雑で御都合主義。黒島結菜のせいじゃないのに、彼女に共感できない。

 そんなグタグタの展開のなかで光ったのが上白石萌歌だ。小さいときから熱をよく出して、人前に出るのが苦手。そんな歌子が音楽室でピアノの鍵盤に触れる。ピアノ、弾いてみたいなあ。でも貧しい比嘉家にピアノは無縁だ。

上白石萌歌

 指を鍵盤から離した歌子は、思いを断ち切るようにピアノの前で歌いだす。この年にヒットした「翼をください」を透明感あふれる声で、静かな熱量を込めて歌う萌歌は美しかった。

 その姿を廊下から見ている人影が映る。ドアをいきなり開けて「比嘉歌子! アタシの思ったとおりだわ」と叫び、歌子を驚かせたのは、音楽教師の下地響子(片桐はいり)だ。

 歌子の才能を見抜き「歌うのよ、アナタは!」と迫る下地先生。恥ずかしがり屋の歌子には無理なのに。教室の外へ逃げる歌子を中庭まで追いかける下地先生。このシーンに、初めて笑った。「待て、歌子!」。片桐さん、最高だよ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる