週刊文春 電子版

無料公開中

上島竜兵急逝 山田邦子が告白「魚肉ソーセージ、かりんとうで竜ちゃんを送ってあげたジモンちゃんの想い」

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 5月11日未明に急逝した、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(享年61)。かつて同じ事務所に所属していた、同学年のタレント・山田邦子(61)が「週刊文春」に、上島との思い出と現在の胸中を明かした。

 山田は1960年東京都生まれ。1980年に芸能活動を開始。「オレたちひょうきん族」「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」などでお茶の間の人気者となり、数多くの冠番組を持つ。2007年乳がんに罹患し、厚生労働省「がんに関する普及啓発懇談会」メンバーとなった。2020年にはYouTube「山田邦子 クニチャンネル」を開設している。

芸風とは裏腹に繊細だった

「熱湯風呂」は竜ちゃんがいなければ成り立たない

――山田さんと上島さんは、かつて同じ事務所に所属し、学年も同じです。

 私は芸歴が42年目くらいなんですけど、ダチョウ俱楽部も40年くらい。ただ、私の方が先に売れたんですよね。私の方が先に売れたから、なんかお姉さんっぽいんだけど。寺門や肥後ちゃんは1歳か2歳くらい下で、竜ちゃんは同い年。だからといってベタベタするわけじゃなくて、今は「おはよう」とか「元気?」とか、会えば軽い挨拶をするような感じでした。

取材に応じた山田邦子

――たけしさんがフライデー事件(1986年)で不在になった時、山田さんが「スーパーJOCKEY」のMCを務めました。

 たけしさんが急にいなくなったので、私がピンチヒッターになったんですね。「熱湯風呂」に入るところとかは、竜ちゃんがいなければ成り立たない。お風呂の温度とか、飛び出してきた時の床がどれくらい滑るのかとか、そういう本番前の準備を一生懸命やってましたよ。「熱湯風呂」は5分とか10分とか短いコーナーなんだけど、そこに集中して一生懸命やってましたね。

自分の役割はしっかりやり、ほかの人の邪魔はしない

――1994年10月には、上島さんの結婚式に出席された。

 私が司会をしていた「全日本そっくり大賞」という番組があって、(ものまねタレントの)コージ―冨田とかがそこの卒業生なんですね。竜ちゃんの結婚相手の(広川)ひかるちゃんは、そこに出てきた高校生だった。荻野目洋子ちゃんのものまねとかが、すごく面白くて。高校卒業したらデビューしてきて、太田プロに入ってきたんです。10歳の差があるから、まさか竜ちゃんと結婚するとは思いませんでしたけれど。当時はまだバブルの名残があってね、すごく派手で華やかな式でした。ケーキも大きくて。竜ちゃん、喜んでましたね。

妻・広川ひかるとの結婚式(94年10月)

――その後も色んな場面で一緒になった?

 出版記念とか、番組の打ち上げとか、お誕生会とか。ありとあらゆるパーティに、ダチョウ倶楽部は来てくれたと思います。竜ちゃんはソツがないというか、静かにニコニコしてるのよね。何か与えると、パッと出てくる。これは本番でも同じで、自分の役割ってときはしっかりやるけど、それ以外はほかの人の邪魔はしない。出しゃばりじゃないのよ。竜ちゃんはちゃんと自分の出る場所わかっていて、ポイント、ポイントは大爆笑だから。

“お約束”の熱湯風呂(ケツメイシのMVより)

コロナ禍になり、全部のタイミングが悪い方へ…

――「気遣いの人だった」という声も聞きます。

 私が2007年にガンになった時も、本当に心配してくれて。「体の方は大丈夫なのか?」ってことを一生懸命聞いてくれた。手術が終わって少し回復した時、快気祝いも開いてくれました。その後も、私なんかが楽屋でポツンといると、必ず覗いてくれて、「おはようございます、最近どうですか?」って。あと誕生日とか、私が一人でいたりすると、どこからともなく夜中でもケーキ買ってきてくれたりとか。すごく洒落たプレゼントを頂いたこともありますよ。

 私にもこんなふうに優しくしてくれたんだから、「竜兵会」の後輩たちなんかは、竜ちゃんにすごく親切にしてもらっていたと思いますよ。竜兵会って結構、竜ちゃんにきついんだけどね。でも、竜ちゃんはそれが気に入っていて。

――2020年3月、志村けんさんが亡くなったこともショックだったようです。

 志村さんがいなくなって、竜ちゃんがそのことで寂しく感じていたことは確かだと思います。コロナ禍になって…、飲みに行くなんてこともできなくなっちゃったし。そこからは、全部のタイミングが悪い方へ悪い方へ行っちゃったね…。

有吉弘行ら竜兵会のメンバーと

赤いタキシードと赤い蝶ネクタイ姿で眠っていた

――それでも、これから俳優として活躍しようというところでした。

 そうそう。キャラクターがすごくいいので。あの人の代わりの役はなかなかできないですよね。もったいないね。竜ちゃん、元気だったら一緒にYouTubeでコラボでもしてくれたらよかったんだけど。あっけないね、人間って…。肉体は普通にあるのに。なんかもう…、「バカ―!」って言いました。泣けてくるよね、ほんとに惜しい。あんなに情けないかわいらしい顔で、ギャグがいっぱいあって。子供たちまでマネができるギャグを持ってる人なんて、そうそういないですよね。

ダチョウ倶楽部 ©共同通信社

――5月14日の葬儀には…?

 時間が合わなかったので本葬は出られませんでしたけど、その1時間前に会いに行ったんです。田舎から出てきた竜ちゃんのお母さんにもご挨拶させていただいて…。竜ちゃんは棺桶の中で、赤いタキシードで、赤い蝶ネクタイしていました。今にも起きてくるんじゃないかというくらい血色が良くて、可愛らしい顔で眠っていました。「竜ちゃん、竜ちゃん」って呼んでみたけれど、やっぱり死んでいた。マジメだからね、竜ちゃん。コロナになってから、どこにも飲みに行ってなかったと思うんですよ。志村さんもいないしね。だからまっすぐ仕事から帰ってきて、一人で家で飲んでたのかなって。私の思う死因は飲み過ぎ(笑)。自分が死んだことも気付いていないんじゃないですか。今頃、あー、やっちゃったって慌ててますよ。そんな、おっちょこちょいなんですよ……竜ちゃんは。

「ずーっと年とっても、ずっとダチョウ俱楽部100歳までやるんだ」

――お葬式の場には、ダチョウ倶楽部のメンバーも…。

 ジモンちゃんが早く来ていたんですね。葬儀の場には魚肉ソーセージや、かりんとうが供えられていて、ジモンちゃんが「生前、すごく体に気を付けていた。食べちゃいけないからって、我慢してた大好物をお供えしてあるんですよ」って。大好きだったけど、糖分が多いとかカロリーオーバーだって言って我慢してたんじゃないかな。今頃、それを肴に志村さんと飲んでいるんじゃないかしら。

 

――最後に、改めて今の気持ちを教えてください。

「まったく、もう」っていう感じと、「悲しいね」っていうのが入り混じっちゃって。最初は報道だけを見ていたから、なんかもし助けてあげられたら、その場にいられたら、一言何か聞いてあげられたら、悩み事があったのか、辛いことがあったのか、誰かに傷つけられたのか…、いろんなことを思ったけど、そういうことは一切ないってはっきり分かったんで、そのことは安心しました。だって竜ちゃんそんな人じゃないし。

 もうピンピンコロリで、「ずーっと年とっても、ずっとダチョウ俱楽部100歳までやるんだ」ってことを、ずーっと言っていたから。やっぱりその通りだったんだなって思って。突然のお別れって言うのは辛いし、悲しいけれど…でも、もう送ってあげないとね。ちゃんと天国行ってくださいって。竜ちゃん、バイバイって、笑って送ってあげたいと思います。

ダチョウ倶楽部 ©共同通信社

 5月18日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および5月19日(木)発売の「週刊文春」では、「上島竜兵 孤独の774日」と題し、上島の追悼記事を掲載。山田のインタビューのほか、父の自己破産や母の闘病に直面した若き日の葛藤、財布の紐を握っていた妻・広川ひかるの“資産運用術”、本人が「週刊文春」に明かしていた志村けんとの知られざる交遊、コロナになって飲み会自粛を余儀なくされた日々などについて、グラビアもあわせて6ページにわたって取り上げている。

source : 週刊文春 2022年5月26日号

文春リークス
閉じる