週刊文春 電子版

無料公開中

航空マニア垂涎の社内備品をメルカリ転売 ANA社員が懲戒解雇された

スクープ速報

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業

 ANAの社員がパイロットの胸章やボーイング777の社外秘資料など多くの社内備品を持ち出し、フリマサイト「メルカリ」で売却して多額の利益を得ていたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

 発覚の契機は、航空マニアには垂涎ものの品々が異様なハイペースで「メルカリ」に出品されていることに、航空グッズ収集家のA氏が気付いたことだった。A氏が語る。

「出品者は“けんけん”と名乗るユーザー。大阪在住の20代で過去に集めたコレクションを整理している……という触れ込みでしたが、コレクションという割にANAの品ばかり出品しているのも不思議でした」

“けんけん”を名乗るメルカリのアカウント

 航空会社の関係者によれば、

「肩章やウイングマーク(操縦士に貸与される胸章)は試験合格時に手渡される、いわばパイロットの証です。個人IDが縫い付けられており、簡単に外部に出回るものではありません」

ANAの胸章は12000円

 けんけんの出品は昨年頃から重ねられ、その数は100点以上。売却額は合計200万円以上になる。それだけではない。

「ボーイング777の飛行機運用規程というANAの社外秘文書までもが6万円で出品されていました。しかも『再入荷』と書いてあり、以前も売っていたことをうかがわせる。以前けんけんと取引した別の収集家は、すでにB787の同規程を入手していました」(A氏)

ボーイング777の飛行機運用規定は値下げして6万円に

 運用規程の流出に問題はないのか。航空ジャーナリストの北島幸司氏が語る。

「規程によっては、例えば操縦室の解除キーの場所や緊急時装備品として搭載する酸素ボンベなどハイジャック犯に使われると危険物となりうるものの情報も含まれます。厳重に管理すべきなのは間違いありません」

疑惑の社員X氏に電話で直撃すると…

 一体「けんけん」とは何者なのか。小誌が取材を進める中で、一人のANA社員の名前が浮上してきた。

「犯人はXではないか。子供の頃からパイロットが夢で当初は候補生としてANAに入社しました。しかし緊急時の操縦技能等で躓き、失格して夢は潰えた。その後は子会社に出向しています。彼なら規程や備品も持ち出し得る」(X氏の知人)

「他の方には」とこれまでも転売したことをうかがわせる発言も

 X氏に電話で直撃した。

――メルカリで備品を売っているのはあなたですか?

「メルカリをやったことはありません」

 そう否定したが、X氏はこの直撃取材を受けた後、無断欠勤状態になった。

「会社から警察に捜索願も出されたそうです。結局観念したのか、その後、会社に出てきて自らの過ちを認め、4月に懲戒解雇されたそうです」(前出・知人)

 ANA広報部に聞くと、事実関係を概ね認めたうえで、こう回答した。

「関係の皆様にご心配をおかけいたしますこと、深くお詫び申しあげます。今回の事象を重く受け止め、社内文書、制服等の貸与品に関する管理体制の強化、対策を徹底してまいります。ただし、運用規程につきましては、航空機のシステム、性能、取り扱い手順等が一部記載されておりますが、安全・保安上の危険に直結する機密に関わる記載はなく、加えてセキュリティチェックなどにより、お客様の安全を脅かすような事態につながることはございません」

 5月25日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および26日(木)発売の「週刊文春」では、小誌記者がX氏を特定した経緯や、ネット上に残されたX氏と客のやり取りなども詳しく報じている。

source : 週刊文春 2022年6月2日号

文春リークス
閉じる