週刊文春 電子版

“帝王”伊集院光がラジオの森羅万象を語る

テレビ健康診断

てれびのスキマ

連載

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 現在、「ラジオの帝王」といえば伊集院光だ。本人はそう言われることを嫌がっているがそのことに異論を挟む者はいないだろう。だが、インタビュー等を含め、ラジオ以外でラジオのことを彼が語るのは滅多にない。ましてや「テレビで喋るのドキドキする!」と言うようにテレビでするのは異例。それが実現したのが『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日)だ。サンドウィッチマンとアンタッチャブルがMCを務める『お笑い実力刃』が4月からリニューアルされた。前身番組もバカリズム、ナイツ、中川家など一組の芸人を特集するマニアックな番組だった。リニューアルされ、その濃さが薄まるかと思いきや、躍進する事務所「グレープカンパニー」や吉本興業の若手芸人の主戦場「よしもと漫才劇場」を特集したりと、お笑い専門誌顔負けのマニアックな方向に舵を切っている。

伊集院光 ©文藝春秋

 そして今回、2週にわたり特集されたのが「芸人ラジオ」。そのスタジオゲストが伊集院だったのだ。VTRゲストには爆笑問題、おぎやはぎ、オードリー、三四郎、ハライチ。そんな中でやはり際立ったのが伊集院のコメント。何より伊集院が自分の番組以外の話をするのが貴重。例えばナインティナインについて、自らハガキ選びまでする彼らのラジオを「自分たちは叩き上げだから負けたくないという思いはあるんだけど、むしろ今考えると異常なスケジュールの中、ナイナイはラジオをやっていた。よほどのことがない限り生放送でやるって決めて、あの年月、スターのままクオリティの高いラジオをずっとハードスケジュールの中やっていくのはちょっとヤバい。レベルが違う」と絶賛。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月9日号

文春リークス
閉じる