週刊文春 電子版

本郷和人 清水克行の鎌倉解説… 生き残るのは“三谷の忠臣”

鎌倉殿の13の㊙︎

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「楽しまれよ」

 西田敏行演じる後白河法皇は、こう言い残して生涯を閉じた。これで主な登場人物で死んだのは、1話で殺された千鶴丸から数えて31人となった――。

(以下、史実だがネタバレの可能性もあるのでご注意を)

「こんなに暗い展開の大河は滅多にないのでは。登場人物が殆ど殺されたり、追放されるのですから」

 と、驚くのは明治大教授・清水克行氏だ。これまで上総広常、源義経、八重ら主要人物が次々“退場”していった大河バトル・ロワイアル。この後、謀反の疑いで源範頼が殺され、遂に源頼朝の死を迎える。だが彼の死は鎌倉幕府の正史『吾妻鏡』に記されておらず、死因には様々な説がある。東京大学史料編纂所教授・本郷和人氏が解説する。

「落馬後に亡くなった説がありますが、落馬が直接の死因とは考えにくい。京都の公家の日記に飲水病(糖尿病)だったとの記述があるため、悪化して脳卒中や脳梗塞等のトラブルを発症した説もあります。他にも怨霊説や暗殺説などもある」

 源頼家が2代将軍となり、“13人の合議制”が始まるが、殺戮の連鎖は止まらない。梶原景時が追放され、一族ごと滅亡。北条義時の義弟・阿野全成も誅殺される。次の犠牲者は比企能員。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月16日号

文春リークス
閉じる