週刊文春 電子版

「75歳の壁」を超える《食事》

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル

▶︎塩 75歳を過ぎたら3食味噌汁はやめなさい

▶︎要注意食材はキムチ たらこ 丸干しイワシ

▶︎糖質 米・パン「主食はこれまでの半分に」

 味噌汁、漬物が並び、ほうれん草のお浸しや大根おろしに醤油を……。

 一見、脂の少ない、健康的な食卓に見えるが、さにあらず。「塩分摂り過ぎ」という落とし穴がある。

 日本高血圧学会理事の勝谷友宏・勝谷医院院長が解説する。

「一日あたり塩分摂取量は男性7.5g未満、女性6.5g未満が望ましい。しかし現実には男性は11g、女性は10g摂取しているといわれます。現代人は毎日3g以上、塩分を過剰摂取しているということ」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月23日号

文春リークス
閉じる