週刊文春 電子版

JR東日本代表取締役 紹興酒30本で社員が救急搬送

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 企業

「あの人は飲み会で部下を酔い潰すのが大好きなんです。先日も、社員が病院送りになりまして……」

 そう打ち明けるのは、日本最大の鉄道会社「JR東日本」の関係者だ。その日、開かれた宴もいつしか“地獄絵図”と化したという。

 JR東日本の「人材戦略部」の社員が、新宿のとある中華料理店に集まったのは、6月8日の午後7時頃だ。店の奥の個室に入り、2時間飲み放題で、7700円のコースを14名分頼むと、少し遅れて“超”がつくほどの重役が合流した。

「今回の懇親会を主催した代表取締役の喜㔟(きせ)陽一副社長(57)です。一仕事終えた社員らを前に、喜㔟さんが慰労の挨拶をして、宴が始まりました」(同前)

喜㔟氏(JR公式HPより)

 喜㔟氏は東大法学部を卒業後、1989年にJR東日本に入社。2014年に人事部長となり、翌年には執行役員へと出世するなど、エリート街道を歩んできた。

「国鉄分割・民営化から30年を迎えた17年11月には、最大労組に浸透している革マル派との決別を、当時の経営陣に強く進言しました」(社会部記者)

 18年には常務となり、昨年6月に副社長に就任。次期社長候補の筆頭である。JRの幹部が言う。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年6月30日号

文春リークス
閉じる