週刊文春 電子版

継ぐ人

職業選択の自由が当たり前の現代で、それでも継ぐことを選んだ人々の覚悟

山本富士男
ライフ ライフスタイル

 世襲など今は昔。職業選択の自由が当たり前の現代で、それでも継ぐことを選んだ人々の覚悟を写す―。

撮影 田附 勝

継ぐ=アップデート|狂言方和泉流 野村裕基 

 

 たとえるなら、携帯電話の機種変更。

 狂言師を継ぐことについて尋ねると、野村裕基さんから返ってきた答えは機知に富んだものだった。

「声質や見た目が父に似ているとよく言われます。最近は喋り方や台詞の言い方も似てきているようです。今の修業段階では師を完璧に真似することが求められているので、継承という意味でも褒め言葉と受け止めています」

 その後に、冒頭の言葉が登場する。

「携帯電話は次世代へと進んでいます。新しい機種に変更をしながら、みなさん元々のデータや写真を入れ替えて使い続けるわけです。私たちの狂言も、根本は変えずに時代に即した形でアップデートしていくことが理想です」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月7日号

文春リークス
閉じる