週刊文春 電子版

「75歳の壁」第3弾《猛暑》

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル

▶︎夏バテチェックは体重、心拍数とあと2つ

▶︎軽い散歩と乳製品で血液量を増やす

▶︎冷房だけは節電無視28度が危険ライン

 

 6月28日、東京では4日連続の猛暑日を記録。6月としては観測史上初めてのことだ。気象庁の向こう1カ月の平均気温の予測は、沖縄を除いて全国的に「(平年より)高い」。

 この猛暑は75歳以上を直撃する。東京消防庁の統計によれば、昨年6〜9月に熱中症で救急搬送された人のうち、高齢者は54%。そのうちの73%、つまり全体のほぼ4割を後期高齢者が占めていたのだ。

能勢氏

 なぜ高齢になるほど熱中症のリスクが高まるのか。信州大学大学院の能勢博特任教授が解説する。

年を取ると血流も発汗量も落ちる。運動習慣のある高齢者でも、若い人に比べて3分の1ぐらいになります。あまり運動習慣のない人や要介護者はさらに落ちます。すると、体温を下げにくくなり、熱中症になりやすくなるのです」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月7日号

文春リークス
閉じる