週刊文春 電子版

「部分最適」という怠慢

新聞不信

「週刊文春」編集部

連載

ニュース 社会

 7月15日付各紙朝刊を読んで、「新聞の瞬発力が恐ろしく落ちた」と思った。安倍晋三元首相銃撃から1週間。参院選も終わったから、岸田文雄首相が14日に記者会見で語ったことをどう伝えるかは腕の見せどころだったはずだ。

 安倍元首相をどう悼むのか、ここにきて陽性者が急増している新型コロナに政府はどう臨むのか。これらのテーマに岸田首相が言及することは予め分かっていたからなのか、各紙は大きな紙面を割いた。しかし原子力発電所の稼働指示はノーマークだったようで、報道は全般的に薄口だ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月28日号

文春リークス
閉じる