週刊文春 電子版

コロナBA.5「5つの疑問」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療

▶これまでとの違いは?

▶4回目ワクチンは打つ?
▶マスクは?

▶出歩いていいの?

▶“効く”食事は?

 恐れていた「第7波」が現実のものとなった。すでに1日の全国感染者数は、最多で11万人を超え「第6波」を上回る数字となっている(7月19日現在)。

 その“主犯”はBA.5と呼ばれるオミクロンの変異株だ。

 東京都のモニタリング会議の資料によれば、7月14日の時点で、スクリーニング検査におけるBA.5の割合はすでに56%。第6波の主力だったBA.1とBA.2からの置き換わりが急速に進んでいることが明らかとなった。

「BA.5が従来の株より感染力が強いのは間違いありません。東京都のモニタリング会議で、国立国際医療研究センターの大曲貴夫医師は、このまま感染拡大が進むと8月初旬には都内の新規感染者は1週間平均で5万3000人を超えるとしました。さらに同会議の資料では『これまでに経験したことのない爆発的な感染状況になる』という文言まで飛び出しています」(厚生労働省担当記者)

東京では感染者5万人超えか?

 今夏また我々の前に“壁”として立ちはだかることになった新型コロナ。次々と変異株が生まれるが、従来のオミクロン株BA.1やBA.2と今回の第7波で主力となったBA.5は、どう違うのだろうか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月28日号

文春リークス
閉じる