週刊文春 電子版

ウクライナはロシアのスパイだらけ|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第534回

池上 彰
国際

 ロシア軍のウクライナへの軍事侵攻は、その後どうなっているのか。日本での報道が少なくなったのは、参議院選挙や安倍晋三元首相への銃撃などがあったから。

 それは、その通りなのですが、ウクライナ軍が苦戦しているのも事情の一つのように思えます。

 今年の2月、ロシア軍がウクライナに本当に侵攻したときには、多くの人が驚き、ロシアに対する怒りを抱きました。このとき「ウクライナ軍が善戦」というニュースが入ってくると、私たちはこれを“嬉しいニュース”として受け止めていなかったでしょうか。ウクライナ軍に配備された対戦車ミサイル「ジャベリン」が大戦果を上げていると報じられました。あるいは、「ロシア軍の戦車は設計に欠陥があり、攻撃を受けると、砲塔が簡単に吹き飛んでしまう」という解説が流れたりしました。

 ここには「強大なロシア軍に健闘する弱小ウクライナ軍」というイメージが投影されていたように思えます。でも、冷静に考えてみてください。ロシア軍は、極めて旧式な戦車まで含めると、実に2万両を所有しています。1基が1000万円以上するジャベリンで戦車を破壊していったとしても、どれだけロシア軍の戦力を減らすことができたのでしょうか。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月4日号

文春リークス
閉じる