週刊文春 電子版

西松建設 イオンモール建設で9億円不正会計が発覚

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 企業

「個人で実行するにはあまりにも多額の工事代金を、長期に渡り不正に経理処理している」

 7月26日、仙台市内の貸会議室に集められた約60名の幹部の前で、西松建設の濵﨑伸介・北日本支社長はこう苦々しく語った。

 西松建設は1874年創業の老舗ゼネコンで、従業員数は約3000人。東証プライムにも上場しており、今年3月期の売上高は3200億円を超える。同社の札幌、東北の両支店を管轄する北日本支社で、一体何が起きていたのか。

西松建設本社が入る虎ノ門ヒルズ

 幹部会に招集された幹部の1人が語る。

「コロナ禍なのに各地から幹部が緊急に集められ、会場は騒然となっていた。そこで支社長は『非常に大きな出来事がありました。皆さんの胸に刻んで頂きたい』と告げ、約9億円に上る不正な会計処理が行われていた事実を明かしたのです」

 不正を行っていたのは、宮城県利府町にある「イオンモール新利府」の新築工事を指揮していたA所長だ。

「50代前半のA所長は支社内のイオンモールの大型事案をいくつも手掛け、社内でも期待のエースでした。ですが担当する工事で損失が発生していた実態を会社に隠すため、会計を操作していたのです」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月11日号

文春リークス
閉じる