週刊文春 電子版

恥ずかしいもの作っちゃいけない 吉田拓郎のカッコいい最後

テレビ健康診断

てれびのスキマ

連載

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 音楽

「番組が始まる時に凄い言われたんですよ。拓郎さんに粗相がないようにって」

 堂本光一が回想するように、こだわりが強く気分屋というイメージが強かった吉田拓郎がバラエティ番組にレギュラー出演することは驚きだった。それも、ジャニーズのアイドル・KinKi Kidsと組んでMCを務めるなんて考えられないことだった。『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ)開始当初は、そこはかとない緊張感があったように記憶している。それをぶち破ったのが、レギュラーに抜擢された篠原ともえだ。超ハイテンションなスタイルで無理やり3人の壁を引き裂いていった。最初は吉田に毛嫌いされていた篠原が、すっかり寵愛されるようになった頃には番組は押しも押されもせぬ音楽バラエティになっていた。90年代後半に青春を過ごした者にとって『LOVE LOVE あいしてる』は“特別”な番組のひとつだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月11日号

文春リークス
閉じる