週刊文春 電子版

毎日1時間の散歩と鉄アレイで筋トレ。隙間時間は足踏みをして有効活用|釜本邦茂(78)

75歳の壁をこう越えた

「週刊文春」編集部
ライフ 芸能 ライフスタイル ヘルス

「80歳になっても、今と同じようにサッカーを教えにいきたいね。それができれば言うことないな」

 元サッカー日本代表の釜本邦茂氏(78)は理想の老後についてそう語った。

 1968年のメキシコ五輪ではアジア人初の得点王など、輝かしい経歴を持つ釜本氏にとって“75歳の壁”とはいかなるものだったか。

「75歳を過ぎてからかな、医者に血糖値が高いと言われるようになったんです。それから、太ももなど下半身の筋肉も落ちた。一番顕著に実感したのは、両足をピチッと合わせて座れるようになった時です。昔は太ももの筋肉が邪魔して足も組めなかった。足が組めるようになったのは20代半ばに肝臓を悪くして、50日間病院のベッドで生活していたとき以来だよ」

釜本邦茂氏

 これを機に、運動不足を解消するために新たなトレーニングを始めたのだという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる