週刊文春 電子版

3杯の水割り焼酎で晩酌をして、たっぷり8時間半の睡眠|桂 文楽(83)

75歳の壁をこう越えた

「週刊文春」編集部
ライフ 芸能 ライフスタイル ヘルス

「噺家は一生現役。具合が悪くなければ高座に上がります。使ってくれるところがあるんなら、いつだってどこだって出ますよ」

 そう力強く語るのは落語家・九代目桂文楽師匠だ。83歳を迎えた今も、高座への出演を続けている。

「82歳のとき、脊柱管狭窄症になって、左足のふくらはぎの横の辺りが痛くなっちゃって、今も歩くのが大変。それ以外に変化はありません。噺家の商売は高座にあるわけだから、お客さんに高座で喜んでもらう方法を考える。そういう毎日だから、健康法なんて考えたことない。ただ、よく『お元気ですね』とは言われます。『長生きするのも芸のうち』ってね。これは先代の師匠(八代目桂文楽)がよく言っていた台詞です。先代が歌人の吉井勇先生から贈られた言葉だと聞いています」

九代目桂文楽師匠

 大のゴルフ好きで有名な文楽師匠。それが足腰の維持に役立ったという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる