週刊文春 電子版

ご飯は野菜中心にして10キロ減。声を出して歌うことで心身ともに健康に|高木ブー(89)

75歳の壁をこう越えた

「週刊文春」編集部
ライフ 芸能 ライフスタイル ヘルス

「100歳までいけそう! だって来年90でしょ? もう10年ぐらいはいっちゃいそうな気がする」

 そう自信を示すのはザ・ドリフターズの“現役最年長”高木ブー(89)だ。

 肌身離さず持ち歩く鞄には、小さなノートが入っている。今年18歳になる孫、コタロウさんの写真を生まれた時から貼り続けている大事なノートだ。

「ノートを見るたびに『かわいいなあ!』って思う。うちは孫中心の家庭なんですよ。70過ぎて孫が生まれて、すごく元気になりました。『この子が学校に上がるまで頑張ろう』『20歳になるまで頑張ろう』って」

高木ブー

 “壁”に突き当たったのは2009年、76歳のときだった。ピーク時には80キロ以上あった体重を長年支えた膝の状態が悪化。右膝を人工関節に置換する手術を受けたのだ。11年には左膝も同様の手術。そんな彼を支えたのが、孫の存在だった。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる