週刊文春 電子版

医療ジャーナリスト「悔恨の前立腺がん闘病記」

初の血尿、超音波による最新治療、ホルモン療法、ロボット手術……

長田 昭二
ライフ 医療

 様々な病について、普通の人よりいささか詳しい自分ががんになった。知識や人脈があっても、悩み、迷う。もしあの時、こうしていたら……という悔恨、最新の手術や治療法なども、この際全て詳らかにしてお伝えしたい。

 日頃病気の恐ろしさを唱え、早期発見、早期治療の重要性を説いている医療ジャーナリストが、がんにかかった。しかも、せっかく早期で見つけたにもかかわらず、治療のタイミングを逸して転移させてしまった。穴があったら入りたいところだが、こうなった以上はせめて自分の体験、特に失敗の部分を伝えることで、読者諸氏のお役に立ててもらいたいと考えた。

術前検査直後の筆者

 僕のがんとは、前立腺がん。前立腺とは膀胱に隣接して尿道を覆うように存在する“クルミ大”の器官。精巣で作られた精子を保護する「前立腺液」を作るのがおもな役目で、当然のことながら男性にしかない。

 国内で毎年約9万2000人が新たに患者として認定され、約1万2000人が命を落としていく前立腺がん。新規患者より死亡者数が少なく、また比較的進行が緩やかなことから患者数は右肩上がりで増え続け、日本では「男性がんの罹患数首位」に君臨している。

元気にマラソンを走っていた頃の筆者

 僕と前立腺がんとの出会いは、いまから7〜8年前にさかのぼる。当時の僕はランニングを趣味とし、毎年「香港国際マラソン」でフルを走り、それ以外にも年に6回程度は国内のハーフマラソンに出場していた。

高い確率で性機能を失う

 ちょうどこの時期、僕は2度目の離婚を経験し、強烈なストレスで食事が喉を通らない日々を過ごしていた。体重は見る間に減少し、わずか2カ月で15キロの減。健康的ではないが体重減少のおかげでレースに出るたびに「自己ベスト」を更新する。ほかに楽しみもないので、8月の暑い日に皇居の周りを3周走ったら、直後に人生初の血尿を見たのだ。

 近所のクリニックを受診したところ、この血尿は脱水によるものだった。しかし、前立腺がんの腫瘍マーカーである「PSA」の値も3.5と比較的高く(4を超えると前立腺がんの疑いが濃くなる)、経過観察をすることになったのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月18日・25日号

文春リークス
閉じる