週刊文春 電子版

酔わせて暴行 同志社大アメフト部4人の履歴書

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「この前、理事会が開かれた。まだ事件が捜査中で具体的な話にはなっていませんが『最悪の場合は廃部という恐れもある』と。皆、本当に失望しています」

 こう語るのは、同志社大学アメリカンフットボール部「ワイルドローバー」のOB会会長である。

 泥酔した女子大生(20)に性的暴行を加えたとして、京都府警は9月8日、準強制性交の容疑で4人の男を逮捕したと発表した。容疑者は片井裕貴(21)、山田悠護(21)、濱田健(22)、牧野稜(21)。いずれも同志社大学アメフト部の4年生だった。捜査関係者が語る。

「4人は今年5月21日未明、バーで女子大生に声をかけ、カクテルを何杯も飲ませて泥酔状態にさせ、タクシーに乗せて片井のマンションに連れ込んだ。午前4時半すぎから1時間にわたって代わる代わる性的暴行を加え、その様子をスマホで撮影していた」

 アメフト部は関西学生リーグ1部に所属し、部員数は約120人を数える。事件を受け、無期限の活動停止を決定。秋のリーグ戦は出場辞退した。今季、ヘッドコーチに就任した橋詰功氏はこう肩を落とす。

部がHPで公表したお詫び文書

「報道の1時間前に学校からの連絡で知りました。私の至らぬところで、まったく分からなかったです。コロナ禍で、そんなはずはないと思いたいのですが……」

 犯行に及んだ容疑者たちはどんな若者だったのか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月22日号

文春リークス
閉じる