週刊文春 電子版

Money Bag(現金袋)

町山智浩の言霊USA 第641回

町山 智浩

連載

エンタメ 国際 映画

 今年6月、アメリカの最高裁が、「人工中絶は女性の権利として憲法に守られる」という1973年の最高裁判決を覆した。これで中絶の是非が各州に委ねられたので、テキサスなど南部や中西部の州で中絶が禁止になった。たとえそれがレイプによる妊娠でもだ。

 最高裁の9人の判事のうち6人が中絶の権利を守らないと決めた。その6人の最年長のクラレンス・トーマス判事は「次は同性婚、避妊、同性愛の権利を標的にする」と宣言した。

 この6人の判事を任命したのは共和党の大統領。そして6人ともカトリックである。

 だが、カトリックはアメリカの全人口の22%しかいない。それが最高裁判事の7割を占めるなんて。

 この異常な事態は、実はレナード・レオという1人の男の仕業だった。彼こそ、カトリックによる最高裁乗っ取りの黒幕なのだ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる