週刊文春 電子版

「詰め将棋」の天才|杉本昌隆

師匠はつらいよ 第72回

杉本 昌隆

連載

ライフ ライフスタイル

 クロスワードパズルやナンプレは頭の体操だが、パズル的要素のある将棋と言えば「詰め将棋」だろう。ルールは王手の連続で相手の玉を詰ますこと。駒のタダ捨てなど派手な手が飛び出すのも特徴である。

 簡単なものなら1手詰め。最長は1525手詰め作品「ミクロコスモス」がある。詰め将棋は携帯アプリと相性が良く、電車の中などでも気軽に楽しめるのが魅力だ。

 江戸時代には歴代名人が幕府に詰め将棋を献上する制度もあった。指し将棋とは違うものだが、詰め将棋は棋士にとって関わりが深いのだ。

 さて、詰め将棋を解くスピードが日本一早い人物と言えば藤井聡太竜王だろう。「詰将棋解答選手権」(早解きを競う全国的な大会。アマプロ問わず参加可能)には8歳から参加し、12歳で初優勝。それ以降五連覇を達成している。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月6日号

文春リークス
閉じる