週刊文春 電子版

無料公開中

〈LINE入手〉ラグビー日本代表選手(23)が同棲相手に内緒で“結婚”しトラブルに

スクープ速報

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

 トンガ出身のラグビー日本代表選手、シオサイア・フィフィタ(23)が、同棲相手に内緒で“結婚”し、トラブルになっていたことがわかった。同棲相手だったA子さんが、「週刊文春」の取材に対して、経緯を明かした。

 フィフィタは高校1年で来日し、天理大学4年生時には初の大学選手権制覇に貢献。現在は花園近鉄ライナーズで活躍している。

「身長187センチ、体重105キロの体格と俊足を誇り、来年のW杯ではエース候補として期待されている。ただ、時間にルーズでマイペースなところもあるのが欠点」(運動部記者)

シオサイア・フィフィタ ©共同通信社

ナンパで出会いほぼ同棲状態、結婚の約束も

 フィフィタとA子さんの出会いは昨夏。京都の繁華街でフィフィタがナンパしたのがきっかけだ。

「去年の8月から付き合い始めました。凄い選手ではあるし、頻繁に『愛している』と言ったり、可愛いところもある。週に6日間ぐらいフィフィタの家で一緒に過ごしていて、ほぼ同棲状態でした」(A子さん)

 今年7月、フィフィタはトンガに一時帰国したが、その前にプロポーズをしている。

「『仕事を辞めて、結婚しよう。俺もトンガで家族に話してくる』と言われ、私もそのつもりでした」(同前)

 LINEでもフィフィタはA子さんに「かわいいね」「楽しみだね~」「会いたい会いたいよ」と、彼女を大事にしていることがわかるメッセージを送っている。

「かわいいね」など彼女を大事にしていることがわかるフィフィタのLINE

 トンガ滞在は1カ月以上に及んだ。だが8月20日、事態は急転する。

「夜中1時過ぎに急に帰ってきたんです。彼の家でドアチェーンをかけて寝ていたのですが、知らなかったので開けなかったら、ガチャガチャやって去っていった。後から録画映像を見たらフィフィタでした」(同前)

フェイスブックのステータスが「既婚」に…

 何があったのか聞こうとするA子さんに、フィフィタは「今度話そう」と返すばかり。そして23日、突如「別れたい」とLINEで切り出すフィフィタ。A子さんは理由を問うが、「会いたくない」「今度話そう」を繰り返す。A子さんがフィフィタの家を訪ねてもドアチェーンをかけられ、荷物を取り出すこともできない。

LINEで「会いたくない」

 その後、彼女は衝撃的な光景を目にする。

「フィフィタのフェイスブックを見たら、ステータスが『既婚』になっていたんです。相手はトンガの女性・B子さんでした……」(同前)

フェイスブックは「既婚」に

 一体どういうことか。フィフィタを直撃した。

――フェイスブックが「既婚」になっていた。B子さんと結婚しました?

「ああ、はい! ありがとうございます!」

 笑顔で答えたフィフィタ。しかし、A子さんの名前を出すと表情が一変する。

――A子さんにも結婚しようと言ったと聞いた。

「いや……」

――A子さんが、連絡が取れなくて困っていると聞いた。

「いやいや、(彼女から)連絡来ないからっすよ」

――A子さんとは別れた?

「はい」

 と言って、去っていき、その後、なぜかフェイスブックから「既婚」が消えた。

 所属チームに改めて聞くと、次のように回答した。

「本人に確認しましたが、結婚はしていないと言っております」

 ただ、一方でB子さんのフェイスブックの「既婚」は残ったままである。

フィフィタの“結婚相手”のフェイスブック

 その他、フィフィタが新型コロナ感染への対応で見せたルーズな一面、A子さんを「適応障害」へと追い込んだフィフィタの“代理人”など、9月28日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および9月29日(木)発売の「週刊文春」で詳報している。

source : 週刊文春 2022年10月6日号

文春リークス
閉じる