週刊文春 電子版

スパイで逮捕、6年で4人が交代した かっぱ寿司社長の変

THIS WEEK「経済」

森岡 英樹
ニュース 社会 経済 企業

 “産業スパイ”さながらの逮捕劇だ。警視庁は9月30日、「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト社長の田辺公己容疑者(46)ら3人を不正競争防止法違反容疑などで逮捕した。

「容疑は、競合他社『はま寿司』の仕入れ価格に関する内部データを不正に持ち出したというものです。価格競争の厳しい回転寿司業界では、喉から手が出るほど欲しい情報と言っていい。田辺容疑者も逮捕前の任意聴取で持ち出し自体は認めています」(社会部記者)

逮捕された田辺容疑者

 17年まで、はま寿司で3年間取締役を務めた田辺容疑者。20年11月にカッパ社に転じ、昨年2月に社長に就いていた。

「転職直前に内部データをUSBメモリーに保存して持ち出した上、元同僚からも全店舗の売上データをメールで受け取っていたと見られます」(同前)

 なぜ、営業秘密の持ち出しに手を染めたのか。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月13日号

文春リークス
閉じる