ベストバウトはアンドレ戦|原悦生(写真家)

さらば!アントニオ猪木《猪木と私》

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 芸能 スポーツ

「猪木さんは、被写体としても革命的な存在でした」

 こう語るのは、写真家の原悦生氏(66)。約50年、死の直前まで、公私にわたりアントニオ猪木を撮影し続けたカメラマンである。

 猪木さんがマット界を席巻する以前、日本のプロレスの必殺技は打撃が中心で、例えば空手チョップとか、16文キックが決め技となっていました。しかし、猪木さんの技は卍固めとかコブラツイストとかを静止しながらグーッとやる。カメラに向かって“見得”を切ってくれるんです。これほど、カメラマンにとってありがたいことはない。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年10月13日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる