週刊文春 電子版

アルツハイマー新薬「レカネマブ」徹底検証

来春に日本で、値段、使用法、副作用

「週刊文春」編集部
ライフ 社会 医療

 製薬大手・エーザイの内藤晴夫CEOは、9月28日、アルツハイマー病の新治療薬「レカネマブ」の最終的な臨床試験(第Ⅲ相)で、有効性が確認できたと発表した。“病の進行そのものを抑える”という画期的な新薬を徹底検証する。

 日本の認知症患者は約600万人で、そのうち7割弱、約400万人がアルツハイマー型と言われている。

「アルツハイマー病の薬といえば、これまでエーザイの『アリセプト』に代表される、脳の神経機能の伝達を補うものしかありませんでした。これはあくまで対症療法で、神経細胞が死んでいくのを止めることはできません。一方、レカネマブは、アルツハイマー病の引き金となるタンパク質『アミロイドβ』を脳内から取り除くことで進行に抑制をかける、画期的な薬なのです」(東京大学大学院神経病理学分野の岩坪威教授)

エーザイの内藤CEO

 治験は日米欧の早期のアルツハイマー病患者ら約1800人に対して実施された。2週に一度、18カ月間投与した結果、記憶など認知症の程度を評価するスコアにおいて、偽薬を投与したグループに比べ、悪化を27%抑えられた。

「1年半で認知機能が100低下するはずが、73に抑えられるということです。進行のスピードが顕著に落ちるとまでは言い難いですが、25%を越えれば臨床的な意義につながるとの見方もされてきたので、極めて重要な結果と言えるでしょう」(同前)

 レカネマブの第Ⅱ相試験結果によれば、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の段階で投与した場合、「日付を思い出せない」といった軽度認知症に至るまで2.53年、「家族の名前を忘れる」中等度に至るまで3.34年、進行を遅らせる可能性があるという。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月13日号

文春リークス
閉じる