「噓ついて帰って来た」ラグビー日本代表 3股LINE

「週刊文春」編集部

SCOOP!

エンタメ 社会 スポーツ

「私も彼と付き合っていたので、報道を見て本当に驚きました。『あ、全部嘘だったんだ』って」

 こう語るのはトンガ出身のラグビー日本代表、シオサイア・フィフィタ(23)と交際していたC子さんだ。

シオサイア・フィフィタ選手

 小誌は先週号で、フィフィタが昨夏から交際していたA子さんと同棲中の8月、母国でトンガ人のB子さんと“結婚”していたと報じた。フィフィタがフェイスブックにB子さんとの写真を載せ、ステータスが「既婚」となっていたのである。報道後に寄せられたのが、C子さんからの悲痛な叫びだった。C子さんが語る。

「今年4月、SNSでフィフィタがメッセージを送ってきたんです。『今はフリーやで』って言ってたんですが……。熱意に負けて会うようになり、『私たち付き合ってるの?』と聞いたら『そう!』と即答していました」

 LINEからは彼女にも積極的にアプローチしていたことが窺える。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年10月13日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる