キムタク焼け太り 工藤静香元カレにインスタで…

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画 音楽

 キンプリの5人の謝罪動画で、事務所に残る2人がセンターに立つ姿は、「SMAP公開処刑」を彷彿とさせた。あれから7年弱。1人事務所に残った木村拓哉は、我が世の春を謳歌する。

 11月5日・6日に行われた「ぎふ信長まつり」には、キムタク効果で62万人が来場した。

「以前は“何を演じてもキムタク”と言われていましたが、映画『マスカレード』シリーズやフジテレビのドラマ『教場』を経て俳優らしさが増した。今回のお祭りにも従来のファンとは異なる40〜60代の男性客が訪れていて、人気はさらに盤石になりました」(芸能ジャーナリストの二田一比古氏)

主演作が目白押しのキムタク

 東映70周年記念映画『レジェンド&バタフライ』が来年1月に公開を控え、来春にはフジテレビ月9枠で『風間公親 教場0』も決定。さらにHulu独占で海外ドラマ『THE SWARM』が来年配信予定だ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年11月24日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる