週刊文春 電子版

1カ月前にイーロン・マスクと話したこと

三木谷浩史「未来」 第69回

三木谷 浩史

連載

ニュース 社会 国際 企業

 ちょうどひと月くらい前のことだ。

 シリコンバレーにあるテスラのオフィスで、久々にイーロン・マスクと再会した。前回面会したのは新型コロナウィルスの流行前だったと思うから、かれこれ3年ぶりということになるだろうか。

 息子と一緒に現れた彼は、以前より少し痩せたように見えたけれど、いつも通りの様子で「ハーイ、ミッキー」と声をかけてくる。僕は日本からお土産に持っていった焼酎を手渡して、お互いの近況やビジネスについて1時間ほど話し合った。

 今回、彼のもとを僕が訪れたのは、スペースXのロケットを使って打ち上げた衛星の話をするためでもあった。以前もこの連載で触れた通り、楽天モバイルではいま、アメリカのAST SpaceMobile社と協業し、衛星通信ネットワークによるインフラ構築を目指している。このプロジェクトが成功すれば、世界で初めて携帯電話と直接通信できる衛星を使ったブロードバンドが実現され、山岳地帯や離島など地球上のどこにいても通信が可能になる、そんな「未来」が実現する。

 そして、今年9月に初めて打ち上げた衛星のアンテナが、このほどついに地球の低軌道上で開いた。まだ検証段階ではあるが、今後は168基の衛星を順次、打ち上げていく計画がある。

 イーロンとはその話題でしばらく盛り上がった。彼も衛星を利用したインターネットアクセスサービス「スターリンク」の事業を進めているので、とても有意義な議論だったと感じている。

ツイッター買収を巡って

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月8日号

文春リークス
閉じる