押切もえ、蛯原友里、山田優 CanCamモデルの20年

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 読書 ファッション

「私は10代のモデルさんも多い中、20代の遅いスタートでした。だからずっと不安でしたし、危機感も持っていた。それで見聞を広めるために、待ち時間が少しでもあれば本を読んだり、海外ロケの合間に美術館に行ったり。1分も無駄にしないよう必死でしたね」

 

 そう振り返るのは、モデルの押切もえ(42)だ。

 2000年代半ばに一世を風靡したファッション誌『CanCam』(小学館)。大ブームの牽引役が、押切、蛯原友里(43)、山田優(38)の3人だ。当時の編集長・大西豊氏が証言する。

「ライバルのJJは60万部でしたが、CanCamは30万部を切っていました。そこでまず2人のモデルを軸にしようと思った。1人が山田優。顔の小ささも体のバランスも抜群で、持って生まれたスター性がありました。もう1人が、伸び悩んでいた押切です。けれど、彼女は誰にも負けない努力家だった。髪型、メイク、スタイリングを全部変えて誌面に出した。すると02年8月号が完売し、一気に人気モデルへ躍り出ました」

当時の『CanCam』

 そして03年、彗星の如く現れたのが、蛯原だった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年1月5日・12日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる