不倫、ヌード、AV出演 島田陽子の“ああ波瀾万丈”

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

 2022年7月25日、大腸がんによる多臓器不全で亡くなった島田陽子(享年69)。“国際派女優”として名を馳せた一方で――。

 幼い頃はバレリーナを目指していたという島田は、熊本から上京して13歳で劇団若草に入団。駒沢学園女子高校3年の1971年、ドラマ「続・氷点」のヒロイン役で脚光を浴びる。

「肩まで伸びた黒髪、澄んだ瞳の“清純派”のイメージで若い男性を魅了。最終回の視聴率は42.7%を記録した」(放送記者)

 

 以後、テレビドラマでは「白い巨塔」の病院長の娘役など良家の子女役を多く演じたが、映画では74年の「砂の器」で愛人役、79年の「白昼の死角」で情婦役を演じ、大人の女優としても頭角を現していく。

 一大転機は80年、米NBCのドラマ「将軍 SHŌGUN」への出演だった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年1月5日・12日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる