ブン屋という言葉が聞かれなくなった。事件や政局を猟犬のように追うイメージが消えたからか。スクープ合戦という言葉もほぼ死語である。

 日銀の新総裁人事も、特ダネと特オチがともにない「同着」で終わった。10日、人事を国会に示す日程が自民、立憲民主両党の国対委員長会談で決まった後、しかも夕刊の締め切りと株式市場終了の直後に植田和男氏起用の速報が流れた。旧知の政治記者によれば「典型的なリークとしか思えない」らしい。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月2日号