女忍者 松本まりか(38)がこだわる「掃除」と「忍術」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

 見回り兵の前に現れた美女は、大胆に足を広げて妖艶に兵たちを誘い込む。油断した男の首筋をひと突きしたのは、松本まりか(38)演じるくノ一・女大鼠だ。

家康の大河に出るのは2度目の松本

 芸歴23年、実は家康大河の出演は2作目になる松本。

「15歳の時にNHKのドラマ『六番目の小夜子』でデビューし、同年の大河『葵 徳川三代』には家康の孫・千姫役で出演。ここまでは順調でしたが、その後長らくブレイクせず石原さとみ、蒼井優、宮﨑あおいら同世代の友人たちがどんどん売れていく中、ひたすらレッスンを重ねていました。長い下積みを経て、テレ朝のドラマ『ホリデイラブ』(2018年)の仲里依紗の夫を奪う悪女役で脚光を浴びました」(芸能記者)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月9日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる