週刊文春 電子版

「ビットコインが0円」で2200兆円“儲けた”男の告白

「週刊文春」編集部
ビジネス 社会 経済 マネー

 2月16日17時40分から58分にかけ、仮想通貨交換業者「Zaif」において異常事態が発生した。

「その日、私は『Zaif』のホーム画面でビットコイン(BTC)を含めた他の仮想通貨の相場や動きをみていました。そうしたら『簡単売買』の表示のBTCの価格が0円になっていることに気付いたんです」

 そう語るのは、投資家の「麺屋銀次」氏。このシステム異常の間に、21億BTC、時価総額で約2246兆円を一瞬で“儲けた”人物である。

2200兆男の「麺屋」氏(YouTubeより)

◆ ◆ ◆

 Zaifを運営するテックビューロ株式会社は14年6月に設立。17年9月に仮想通貨交換業者として金融庁に登録された、いわば“お墨付き”の事業者だ。

 そのZaifで起きた前代未聞のトラブル。そもそもBTCは、発行上限が2100万BTCと決まっている。つまりトラブル発生時、Zaifの売り板では、“実際には存在しないはずのBTC”の取引が行われていたことになる。

 トラブルの原因について、Zaifは公式HPで、〈価格計算システムに不具合が生じ、ゼロ円で仮想通貨の売買が出来る状態が発生〉したと説明した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年3月8日号

文春リークス
閉じる