広末涼子「激白」 佐藤健、舞台俳優との不倫で示談

「週刊文春」編集部

SCOOP!

PICKUP!

エンタメ 社会 芸能

 彼女の不倫は今回だけではなかった。その事実確認を求めると広末本人から電話が。「(前回の回答は)私の考えとは違うものを出されてしまった」。語り始めたのは…。

「はじめまして。突然のお電話ご無礼をお許し下さい。広末涼子と申します。この度、鳥羽(周作)さんのほうからお電話番号を伺って、お話が出来ればと思います。もしお時間が許せば、ご都合の良き時間にお電話頂ければ有難いなと思います。こちらのわがままで突然お電話してしまって、すみません。広末涼子でした!」

 6月20日午前9時20分、小誌記者の携帯に1本の留守番電話が入っていた。声の主は女優の広末涼子(42)。着信の直後、電話を折り返すと、本人が出た。

「広末涼子と申します」

――週刊文春です。

「お話ししたいことがあります。ずっと会社(所属事務所『フラーム』)にアプローチし続けてきて、裏切られ続けてきて、前回の記事の返事に関しても、私の考えとは違うものを出されてしまった。私も事務所を売るつもりもないんです。戦うつもりもないんです。ただ、あの人(フラームの井上義久社長)とずっとお仕事してきたので、あの人以外と仕事をするつもりもなくて、もしも井上と仕事をしないのであれば、この世界、この業界を去る時かなと。(今は)信頼はしていないんですけど、やっぱり同志というか……」

 そう言って、広末は自らの言葉で現在の心境を語り始めるのだった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年6月29日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる