解散風を吹かせた筆で

新聞不信

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 自意識の欠落のせいか、或いは過剰が原因か。いずれにせよ、ここまで世間の目に無頓着な図太さには驚く。岸田文雄首相のことではない。

 21日に閉会した通常国会の総括社説だ。いつもながら、毎日と朝日は政権叩きで手を取り合う二人旅の趣。表題もそれぞれ「通常国会閉会と首相 『大転換』 議論せぬ不誠実」「政策『大転換』と国会 政権チェック果たせぬまま」とそっくりだ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年7月6日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫