『水曜日のダウンタウン』で解散“日本一の不仲芸人”竹内ズ・がまの助(27)のファン女性が悲痛告発「拒否したのに性行為撮影を強要された」

「週刊文春」編集部

電子版オリジナル

SCOOP!

エンタメ 社会 芸能 テレビ・ラジオ

「性行為の撮影を強要されたのは、彼に初めて会った日でした」
 

 こう告白するのは、都内に住む30代の女性・A子さんだ。“彼”とは若手お笑いコンビ「竹内ズ」のツッコミ担当、がまの助(27)である。

 竹内ズは2017年に結成した竹内大規とがまの助(本名・炭竈雄一)からなるコンビ。ほぼ無名の存在だったが、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)をきっかけに“日本一の不仲芸人”として知られるようになった。

竹内ズ。左ががまの助、右が竹内(人力舎公式Twitterより)

「2022年1月に放送された同番組のドッキリ企画『不仲芸人対抗 スピード解散選手権』に出演。コンビの一人が仕掛け人として解散を切り出し、相方が同意するまでの時間を競うという内容でしたが、ケンカになったり、1時間近く話し合いをする芸人がいる中、竹内ズは仕掛け人のがまの助が『もう解散でいい?』と持ちかけたところ、相方の竹内が目を合わせることもなく『うん』と即答。たったの10秒で“解散”が決まり、大きな反響を呼びました」(芸能記者)

 番組はドッキリのため解散はしなかったが、これを機に“不仲コンビ”として知名度が急上昇。テレビやラジオへの出演も増えた。昨年の「キングオブコント」では準々決勝まで勝ち進んだ。しかし結局、2人の不仲は解消されず、今年5月17日に竹内ズは正式に解散を発表した。7月5日の『水ダウ』では、竹内ズの解散を利用した「解散ホントドッキリ」をオンエア。ターゲットである鬼越トマホークにドッキリ形式で解散することが伝えられたが、ペットボトルを投げ合うなど“壮絶な仲の悪さ”で、改めて竹内ズに大きな注目が集まった。

「水曜日のダウンタウン」予告より
竹内ズのがまの助 本人のインスタグラムより

 そんな竹内ズのがまの助に「女性としての尊厳を傷つけられた」と訴えるのが、冒頭のA子さんだ。

アダルトビデオのように“演出”し…

 A子さんが語る。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる