《徹底取材》維新を暴く!“改革政党”のウソと暗部【馬場代表パワハラ音声公開】

河野 嘉誠
「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 社会 政治

 次期衆院選で野党第一党を窺う勢いの日本維新の会。だが、セクハラなど党所属議員の不祥事は後を絶たない。なぜこれほど問題が相次ぐのか。そして、党代表にも様々な疑惑が浮上。徹底取材で炙り出す維新の本質とは――。

 

▶︎馬場代表 パワハラ音声公開「邪魔や!」「タチ悪い」
▶︎タニマチは村上世彰、偽ラブホ社長は逮捕され…
▶︎「出馬に1000万円」芸能人、社長… 全国会議員調査
▶︎AV出演市議を発見、当て逃げ代議士は逆ギレ
▶︎最高幹部が実名告白「公開できないお金」

維新創設者の松井氏(左)と橋下氏

 今年2月23日夕方4時過ぎ、大阪府堺市の事務所。4月の統一地方選で5期目の当選を目指していた「大阪維新の会」の池田克史堺市議(当時。60)は、“ある男”と向き合っていた。

 堺市における池田氏の存在感は大きい。大阪維新の副代表として2019年には、それまで2連敗中だった堺市長選で維新候補を悲願の勝利に導いている。

 ところが、1年前に公認を申請したにもかかわらず、選挙戦間近となったこの時点でも、公認リストに彼の名前は無かった。一体、なぜなのか。池田氏が理由を尋ねると、その男は一方的にこう言い放つのだった。

「だから、これからの堺の維新の市議団に克史さんは要らない。僕はそういう判断。んで、公認はさ、僕の権限や。代表、代表や。誰もでけへんから。幹事長でもないから。公認状に馬場伸幸って書いてるでしょ。そこが(公認を)下ろしたないから、下りない。別に理由なんか無かってもええねん。理由なんて無かったってええんですよ」

 音声データに収められた野太い声の主。それは、大阪維新の上部団体「日本維新の会」のトップ、馬場伸幸代表(58)である。

吉村共同代表と馬場代表(左)

 結党以来のブームに沸く日本維新の会。4月の統一地方選で、地方議員らは774人に膨れ上がった。衆院補選でも議席を獲得し、国会議員は衆参合わせて62人。支持率は立憲民主党を上回り、次期衆院選で野党第一党、将来的には政権獲得を目指している。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年8月10日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫