週刊文春 電子版

あなたの知らない「ねこ背」のリスク 誤嚥性肺炎、尿もれ、臓器ヘルニアの危険も

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療 ヘルス

 スマホやPC、あるいはソファーでテレビ鑑賞……現代人はねこ背になるべく生活しているようなものだ。背中が丸まれば老けて見えるだけでなく、内臓にも影響を及ぼすというから侮るなかれ。かんたんな運動療法や、やってはいけない習慣リストまで丁寧に紹介。

◆ ◆ ◆

「ねこ背」は典型的な現代病の一つだ。

 仕事で一日中パソコンに向かい、往復の通勤時間はずっとスマホ画面を見続ける……こんな生活スタイルを続けていれば、いつしか姿勢が悪くなってしまうもの。家族から「背中が丸まっている」と指摘されたことのある人も多いのではないか。

 背中が丸まる癖がつくと、どうしてもうつむき加減になり、視線も下がりがちになる。元気もやる気もないような印象を与え、実際の年齢よりも老けて見えてしまうのだ。

 ねこ背は大人だけの問題ではない。最近は子どもの姿勢の悪さも、大きな問題になっているという。

 虎ノ門カイロプラクティック院の碓田(うすだ)拓磨院長は、こう話す。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年6月14日号

文春リークス
閉じる