週刊文春 電子版

“いつも安全地帯”小泉進次郎 総裁選直前にインド逃亡計画

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 国際

「進次郎氏は『この時期、何を言ってもどうせ総裁選にからめて書かれるから』と、8月は外遊する予定なんです」(進次郎氏周辺)

 自民党総裁選が近づく中、注目の小泉進次郎自民党筆頭副幹事長(37)の国外“逃亡”計画をすっぱ抜く。

◆ ◆ ◆

勉強会を次々と設立

 9月の総裁選は三選を狙う安倍首相が目下優勢だ。

「対抗馬の石破茂氏が流れを変えるには、前回自分に一票を入れてくれた人気者の進次郎氏と手を組んで旋風を巻き起こし、地滑り的に地方票で圧倒するしかありません」(政治部デスク)

応援して欲し~

 当の進次郎氏はここ最近、勉強会を次々と設立。「首相が『彼は(表に出たくて)我慢できないんじゃないか。自民党は中から反乱みたいなのは嫌われるんだけどな』と警戒心を露にする」(首相周辺)ほど活発な動きを見せている。

 6月27日、同氏主導の自民党若手議員有志31名からなる「2020年以降の経済社会構想会議」が、提言「よりオープンに、より政策本位で――政治不信を乗り越えるための国会改革」を執行部に提出。翌28日には、超党派議連「『平成のうちに』衆議院改革実現会議」の事務局長として、ここでも国会改革の提言をまとめた。だが、冷ややかな声も少なくない。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年7月26日号

文春リークス
閉じる