弥一郎、坂本龍馬に会う|伊藤秀倫

蒼空に擲つ 永山弥一郎を探して 第13回

伊藤 秀倫
ライフ 歴史

 風雲急を告げる慶応3年、弥一郎の姿は“坩堝(るつぼ)”のごとき京都にあった。

 

【前回まで】弥一郎ら寺田屋騒動の「二階組」の召喚運動によって、沖永良部島から西郷隆盛が戻ってきた。反転攻勢に出る薩摩勢は、朝廷内に影響力を及ぼし始めた長州勢を駆逐したが、やがて薩長は「禁門の変」で再び激突、弥一郎も奮戦する――本連載は西南戦争で散った薩軍三番大隊長・永山弥一郎の生涯を掘り起こす「同時進行歴史ノンフィクション」である。

 元治元年(1864)7月の「禁門の変」で奮戦した後、弥一郎の足跡は史料からはしばらく途絶える。

 再びその動向を捕捉できるのは、慶応3年(1867)3月。鹿児島の郷土史家、宮下満郎氏の「三番大隊長、永山弥一郎伝」(「敬天愛人」第六号所収)にこうある。

〈同(慶応三)年三月、島津久光はイギリス式編制の陸軍六箇小隊を率いて上京したが、このうち城下四番隊の監軍として永山盛弘(弥一郎)は随従した。監軍とは隊長の次で、隊長を補佐する役職である〉

 この城下四番隊は翌年正月に勃発する鳥羽・伏見の戦いに参戦し、そのまま戊辰戦争を東北戦線で戦い抜くことになる。つまり慶応3年3月から翌年1月まで弥一郎は京都にいたものと思われる。

 “弥一郎がいた場所にはすべて行ってみる”が当連載の基本方針なので、京都にも行くべきなのだが、私のように人生の大半を関東近辺で過ごした人間にとって京都という街は、アウェイというか、ちょっとした畏怖の対象ですらある。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年11月30日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫